• Home
  • 紛争解決手続きのご案内
  • 労働審判の料金
  • 労働訴訟・交渉等の料金
  • 労務管理の料金
  • 弁護士プロフィール
  • 事務所概要
  • お問い合わせ
事前予防することの重要性
contents_header

事前予防することの重要性

1 紛争解決手続に至った場合の負担

いったん労働紛争が生じると、多くの場合、解決まで多大な時間と労力を費やします。

労働紛争解決手続の種類については、4 労働紛争解決手続のご案内 で詳しく述べますが、例えば訴訟の場合、通常、解決まで1年以上の時間がかかります。

平成18年に導入され、利用件数が近時飛躍的に高まっている労働審判という制度が利用された場合も、申立てから解決まで最短でも2ヶ月程度はかかります。労働審判は長期化しがちな労働紛争を早期に解決するために導入された手続ですが、労働審判の内容に当事者のいずれかが異議を申し立てれば訴訟に移行するため、審判の期日で和解ができず、審判の結果に当事者のいずれかが異議を申し立てた場合には、訴訟と同様に解決まで多くの時間を要することとなります。

また、証拠の収集、期日前の打ち合わせ、代表者や直属上司等の陳述書の作成(最終的には弁護士がドラフティングするとしても、弁護士が代表者や直属上司等から詳細な聞き取りをする必要があります)、証人尋問の準備といった使用者側の労力負担も軽視できません。

訴訟の場合の労力負担が大きいことは比較的容易に想像できるでしょうが、労働審判の申立がなされた場合にも、第1回期日までの短い期間に集中して主張・立証を行う必要があるため、使用者側の事前準備の負担は相当大きなものとなります。

電話でのお問合せ
メールのお問合せ